アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

集客のための店舗設計

細い通り

街中の店舗で入りやすいような雰囲気の店と、その反対に入りにくいような雰囲気の店があります。

この雰囲気の違いはどこから来るものでしょうか。
いろいろな要因がありますが、その理由の一つが店舗デザインです。

店舗のデザインによってその店への入りやすさというのが変わってきます。
また、入った後でも長く滞在していたいと感じさせるような店や、すぐに出たいと感じさせるような雰囲気がありますが、これもやはり店舗デザインによって大きく左右されるのです。

また店舗デザインによって、そこの店のターゲット層などがはっきりと分かれる場合もあります。
若者を集客したいのに、若者向けではない店舗デザインをしてしまうと、狙っているターゲットの層を集客できないというようなこととなってしまいます。

このような店舗設計というのは基本的にはきちんとしたノウハウが必要になります。
家具の位置や窓の位置、また部屋の広さなどすべてを総合的に判断して店舗設計を行わなければならず、専門的な知識が必要となります。

ですから、そうした店舗設計には専門の業者に頼むようにしましょう。
専門の店舗設計の業者ならば、そうした店舗設計を数多く手がけています。

そのために、多くの実務的な知識を有していますので、店舗デザインがどのような結果を生むのかということを知悉しているのです。
こうした業者に依頼をすることによって、優れた店舗デザインが可能になります。

業者に依頼することで集客もアップするわけなのです。

デザインと設計が大切

高級な店

新しく店を開くときにはいかに店舗デザインをするかが重要となります。

流通業者をどこから受け入れ、在庫をどこにどのようにして保管し、販売をどこで行うかという基本的な店舗設計に加え、お客さんがどのようにして店舗の中を歩いてくれるようにすれば滞在時間が長くなって売り上げ上昇が期待できるかということを考えた店舗デザインが必要になります。
業者とのやりとりも然りで、適切に店舗設計ができていなければ流通業者からの納品を出し入れしたり、管理したりするのに手間がかかってしまい、結果的にそこに人件費を割かなければならなくなってしまいます。
こういった意味合いから、機能性を充実させるための店舗設計とお客さんの購買意欲を高めるための店舗デザインが新規店の成功に不可欠であると言えます。

店舗と倉庫とは別の場所にあるので、別のものとして考えられた方が良いと思います。
納品業者が店舗の中を出入りしているとお客さんが落ち着かない可能性があります。
従って、店舗の大小いかんに関わらず、出入り口は表と裏の両方にあるようい店舗設計をすることが懸命です。
屋内のレイアウトが店舗デザインのキーポイントになります。
お客さんが入り口から入って出口に向かうまでのルートを誘導するように店内の通路を設計し、同時に目玉商品を配置しやすいようにデザインしておくことが大切です。
そのように配置することでお店全体を眺めてもらうことができ、ストレスなくお客さんをガイドできるため、再訪してくれる可能性が上がるでしょう。